ヤマハオフロード車の先駆的モデルDT-1

ヤマハのオフロード車の先駆的モデルがDT-1だろう。

前身は、ヤマハトレール100。オンロードモデルのマフラーをアップしただけのスクランブラ―マシンなのだがアメリカではとても好評だった。

このことから、ヤマハもオフロード専用マシンの開発に取り組んだのだが、先に活躍していたオンロードレースで
250cc2スト2気筒エンジンでGPチャンピオンになったことからオフロードも2スト2気筒エンジンで開発が進められたのだ。

市販車に先立ち、レース用のモトックロッサーが開発され実戦のレースに投入。直線は、バカ速いいのだが、タイトターンや水分を含んだ泥だらけのコースとなるとトルク不足なのかどうしてもライバルよりも遅くなってしまう。

ヤマハは、カワサキやスズキの2スト単気筒に倣ってツインエンジンをすて2スト単気筒エンジンを載せて開発に力を注いだのだ。

YX26は、ヤマハ発となる2スト単気筒モトクロッサー。デビュー戦でいきなりの優勝を決めたワークスマシンは、やがてDT-1として公道に躍り出たのだ。

ヤマハが、対米に輸出していた台数は約4000台。DT-1が、人気となると見込んで12000台輸出したが、飛ぶように売れて品薄状態になってしまった。

DTのDはダートではなく、排気量のDで、Tはトレイル。ヤマハ発の250ccトレイルバイクだからDT-1なのだ。

DT-1発売された頃のモトクロスレースの写真をみると2/3くらいはDT-1の白タンクが見える。爆発的な人気だったのだろう。

BMWが開発したHUD付のヘルメット

先進技術の開発が目まぐるしい昨今、二輪界にもかなりそういった技術が使われるようになりました。
最近気になった技術というのがBMWが開発したHUD付のヘルメットです。
このヘルメットはフルフェイス型のヘルメットで右目だけに無色透明のスクリーンが付けられているもので、そのスクリーンにスピードや燃料残量、タイヤの空気圧、シフト位置、オイル残量などの車両情報を表示するほか、将来的にはナビゲーションシステムの連動や交通事故などのリアルタイム情報なども表示することができるようになるといいます。
詳しいことはまだ開発段階で公表されてはいませんが、仕組みから考えるとヘルメットだけ購入してもオートバイ側が対応していなければダメなようです。
ただ、オートバイは自動車以上にメーターまでの視線移動量が多いので、安全装備としては画期的なものだと思います。続きを読む →

OHVのVツインでも魅力的

アメリカの輸入オートバイとして古くから人気のあるハーレーダビッドソン、アメリカの製品らしく大きくてイカツイ雰囲気とVツインエンジンから発せられる独特なエンジンサウンドが人気の秘密らしいですが、オートバイ全体の作りはともかく、エンジンだけを見るとそれほどいいものではないように思えます。
ハーレーダビッドソンに搭載されているエンジンはいろいろな形式や排気量のものはありますがエンジンの構造から言えばV型2気筒OHV型ということになります。

OHV、オーバヘッドバルブの略ですが、要はクランクシャフトが収められている腰下に並行した形でカムシャフトが付けられてそこからシリンダーヘッドにあるバルブを動かすべく、プッシュロッドという長い棒でカムシャフトの動きをロッカーアームに伝えるという構造です。
たぶんハーレーに乗っている人は「これがハーレーだ」というでしょうが、ハーレーのオートバイの良し悪しではなく、いまどきOHVエンジンを使っていることが非常に珍しいということを言いたいのです。
OHVは構造的には非常に昔のものです、当時はどうしてもこういった形でしかエンジンを作ることができなかったのですが、今では原付ですらもっと効率が良いOHCを採用しています。
それを今でも使っているのがハーレーであってエンジンだけは全く進化していないということです。続きを読む →