OHVのVツインでも魅力的

アメリカの輸入オートバイとして古くから人気のあるハーレーダビッドソン、アメリカの製品らしく大きくてイカツイ雰囲気とVツインエンジンから発せられる独特なエンジンサウンドが人気の秘密らしいですが、オートバイ全体の作りはともかく、エンジンだけを見るとそれほどいいものではないように思えます。
ハーレーダビッドソンに搭載されているエンジンはいろいろな形式や排気量のものはありますがエンジンの構造から言えばV型2気筒OHV型ということになります。

OHV、オーバヘッドバルブの略ですが、要はクランクシャフトが収められている腰下に並行した形でカムシャフトが付けられてそこからシリンダーヘッドにあるバルブを動かすべく、プッシュロッドという長い棒でカムシャフトの動きをロッカーアームに伝えるという構造です。
たぶんハーレーに乗っている人は「これがハーレーだ」というでしょうが、ハーレーのオートバイの良し悪しではなく、いまどきOHVエンジンを使っていることが非常に珍しいということを言いたいのです。
OHVは構造的には非常に昔のものです、当時はどうしてもこういった形でしかエンジンを作ることができなかったのですが、今では原付ですらもっと効率が良いOHCを採用しています。
それを今でも使っているのがハーレーであってエンジンだけは全く進化していないということです。

ただアメリカは車に関してもスポーツモデルといいながらも日本ではエコカーですら使っていないOHCを使っているぐらいですからこれがアメリカでの標準なのでしょうが、やはりもう少し進化してもいいのではないかと思ってしまいます。
どうせ日本人にとっては爆音をとどろかすことが公認されているといったことが魅力なのですからOHVでなくてもOHVのVツインでもいいのではないでしょうか。

ハーレー 買取